「いつか帰る場所」

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


徳島県出身で、ふるさと活性化の活動をされている赤澤真紀子さんの依頼で作ったソングレターです。(作詞は赤澤さんです)

徳島を愛する人たちの集まり「We Love Tokushima」のテーマソングにもなり、そのイベントで実際に徳島県人の方の前で何度も歌わせていただきました。

歌詞を受け取ってすぐにイメージが沸き、一気に書き上げた曲でもあります。

作詞/赤澤真紀子  作曲/安達充

どうか忘れないで 君と僕が育った町を
どうか忘れないで 僕らの小さな故郷(ふるさと)を…

肌を刺す空気 吐く息は白く 君の足取りを 早めてく
見上げた夜空は 星ひとつなくて なぜか涙が こぼれてた

捨て去ったはずの 遠い記憶が 君の心を 締め付けてく
あこがれ続け 手にした世界 色あせながら ゆがんだから

求め続けたものは何? 夢の狭間で泣いた夜

鳴り響くお囃子(はやし) 熱に浮かされ 人々は街に 繰り出して
ひと夏いちどの 夢をみたくて 君はひたすら 踊るんだ

喧騒のなかで 波打つように 思い出すのは あの日のこと
断ち切ったはずの 心の景色 まぶたの裏に 焼きついてる

素直になれないのはなぜ? 消えぬ想いを知った夜

高く澄んだ空 稲穂は揺れて 不意に切なさを 呼び起こす
久しぶりに帰る 故郷(ふるさと)には 懐かしい笑顔が あふれてた

近すぎたから 気づかずにいた いつも変わらぬ この豊かさ
振り向けばほら そこにいつでも 君の本当の 場所があった

見失ったのはいつの日か? やさしい記憶に還る朝

駅ですれ違う 人の波 ひとりぼっちだと 思わないで
芽生えたばかりの この誇りが 君と僕のこと 結びつけた
流されるままに 着いた場所 あと少しここで 頑張ってみるよ
心の扉は 閉じないで このまままっすぐ 歩いていくから

どうか忘れないで 君と僕が育った町を
どうか忘れないで 僕らの小さな故郷(ふるさと)を
いつか帰る その日まで…