「第二の誕生日」

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


2008年4月に養護学校教諭の腰塚勇人さんと「ライブ人生脚本」で共演した際のラストソングです。

2002年3月1日にスキーで頸椎を骨折。しかしそこから「感謝で生まれ変わった」腰塚さんのストーリーを「第二の誕生日」というタイトルで表現しました。

腰塚さん作成の同タイトルのYoutubeのムービーでもBGMとして使用されています。

作詞・作曲/安達充

おぼろげな記憶で 空を眺めて
飛べない鳥の気持ちを 考えてみたりした
すべてを失った わけじゃないのに
何もかも 嫌になって 自らを責めていた

壊れかけてるものならば いっそ壊れればいいと
やろうと したけど それさえ 出来なくて…

そうだよ 心は 生きてる 動いている
ほのかな 命の中 未来に 向かってる
そうだね ごめんよ 自分を 信じてみよう
すべては 選んだこと 乗り越えられること

穏やかな気持ちで 空を眺めて
人知れず 「ありがとう」と 口にしてみたりした
現実が変わった わけじゃないのに
少しずつ この命に 力がみなぎってく

壊れることがあったのは 生まれた時があったから
生かされ 続けた 命と 知ったとき…

そうだよ わたしは 生きてる 動けている
ほのかな 命だって 未来は 描けると
そうだね 今から 心を 込めてみよう
すべては 自分次第 幸せにできるから

「話せる」 「笑える」 「愛せる」 「起き上がれる」
私は 今生きてる どれだけ 幸せか
ありがとう あなたに 自分に この命に
感謝で 生まれ変わる 第二の誕生日