たった一人のために曲を贈るソングレターアーティスト安達充の公式サイト

心を動かす「伝える、発信」7日間メール講座、無料配信中!

第1回「ちょいガチ紅白歌合戦」を開催しました。

2018/05/15
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

昨日23日、『ちょいガチ・カラオケ部』の1年間の集大成のイベント、

『ちょいガチ紅白歌合戦』が大盛況で幕を閉じました。

一言で言うと、「とーーーっても楽しかった!」(^◇^)

9月に開催した10周年ライブとはまた違った楽しさを存分に感じる会でした。

以下は、オブザーバーとして参加したある方のご感想。

「あだちさん!今日はありがとうございました!

みなさんの本気でなにかを込めて歌う姿に、なんだか勇気を頂きました。

ひとりひとり素敵で個性的で、笑ったりじーんと感動したり、本当に楽しい時間でした。

歌ってすごいなと改めて思いました。今まではちょいガチは遠慮してましたが、

思い切って次回はちょいガチ練習に参加してみたいと思いました。

最高の紅白歌合戦をありがとうございました!皆様によろしくです!!(^^)」

う~ん、もうここに詰まっていると思います(*^_^*)

オープニングセレモニーを飾ってくれたバルーンアーティストのHIROも最高

でしたし、懇親会スペシャルステージの特別ゲスト、B’z軍団のTannyさんの

ライブも超贅沢な時間でした。

(尾崎豊の「15の夜」「卒業」を初めとして、さまざまなアーティストの曲を

通して声の七変化を聴かせてくれました)

ドリプラジオの“たっちゃん”こと辰島佳寿美さんの司会はいつもながらの

一体感をつくってくれましたし、その瞬間を逃さずカメラにおさめてくれた

折山賢くんにも感謝です。

そして何より、部員のサポートが集まって場が出来あがり、一つのステージが

完成した感じがうれしかったです。

紅組・白組それぞれ8名ずつのステージで、部長のワタクシは白組のトリを

つとめさせていただきました。

曲は、欧陽菲菲の『ラヴ・イズ・オーヴァー』。

白組なのか紅組なのかよくわからない選曲(笑)とツッコミをいただきながらも、

気持ちよく歌わせてもらいました(*^_^*)

ちなみに、他の部員の選曲は、こんな感じ。

======================

◇白組1、ひらりん 『兄弟船』鳥羽一郎

◆紅組1、エイコちゃん 『face』globe

◇白組2、いそやん 『レイニーブルー』徳永英明

◆紅組2、まさぽん 『逢いたくていま』MISIA

◇白組3、次長 『One more time One more chance』山崎まさよし

◆紅組3、ゆっきー 『Over Drive』JUDY AND MARY

◇白組4、くろたん 『home』木山裕策

◆紅組4、さとみさん 『いのちの理由』岩崎宏美

—-休憩—-

◆紅組5、えみりん 『真赤な太陽』美空ひばり

◇白組5、しげるん 『Merry Christmas To You』前田亘輝

◆紅組6、ちゃげ 『何度でも』DREAMS COME TRUE

◇白組6、大ちゃん 『東京』やしきたかじん

◆紅組7、紅組有志オールスターズ 『松田聖子メドレー』松田聖子

◇白組7、やっくん 『さくら』森山直太朗

◆紅組8、女を語る朗読家 根岸理奈子 『月のしずく』RUI

◇白組8、部長(安達充) 『ラヴ・イズ・オーヴァー』欧陽菲菲

======================

ちなみに勝敗は、白組44票・紅組43票と非常にドラマチックな展開

(なんと1票差!)で、白組優勝となりました(*^_^*)

そして、栄えある第1回「ちょいガチMVP」は、『レイニーブルー』を

歌ってくれた“いそやん(磯敏則さん)”に決定!!

※副賞として、部長がオリジナルソングをプレゼントすることになりました。

おめでとうございます!

部員の皆からの感想のひとつひとつがとっても嬉しい内容でした。

「今日は、とっても楽しい、幸せな時間をありがとうございました。

皆さんの歌を聞いて、自分もうたってみて、人生の新たなステップを上がった

そんな経験をした一日でした。こんな場を用意してくれた部長と皆さんに感謝

します。ありがとうございました(^∇^)」

「ちょいガチ紅白歌合戦。私の念願であり、入部の目標であった、大勢の

人の前で気持ち良く歌を唄う夢が叶った日。本当に気持ち良く歌うことが

出来ました。本当に本当に素敵な時間をありがとうございました。」

「めちゃくちゃ楽しかったですO(≧∇≦)o♪殻を破りました(笑)

また、何をやっても許されそうな、安心して過ごせる温かい空間でした」

「このような機会をいただきまして、本当にありがとうございました!

歌うことを通しての表現で、人と繋がれることがいいですね」

「あっという間の5時間でしたが凄く楽しかったです。また、皆さんと

一緒にちょいガチカラオケ部を築いて行けたらと思います。」

「本日はお疲れさまでした。是非また第2回楽しみにしてます!

次は第1回の新春歌合戦とかですかね?(笑)」

「部長を始めみんなで創り上げた場、ステキなとってもよい会となり

ましたね。ありがとうございました(*^◯^*)」

10周年ライブも、ちょいガチ紅白歌合戦も、音楽を手段として自分

らしく表現する「アーティスト」を増やす試みでした。

自分自身の人生のテーマソングを歌うのも、既存の曲を通して自分を

表現するのも、根っこは一緒だと思っています。

改めて、これからの10年は、そんな「アーティスト」を増やす活動を

主軸にしていきたい!と思えた瞬間でした。

最後に、今回のちょいガチ紅白歌合戦で生まれた一句を。

「しっぱいしたって

  いいじゃないか

    ちょいガチだもの

            みつる」

失敗したっていい、そしてそんな音楽でも人の心を動かすことは出来ると

証明していきたいです。

追伸:今年はこれでシーズンオフの予定ですが、また来年も「ちょいガチ・

カラオケ部」活動していきますので入部希望の方はお楽しみに!

10390158_607075089404249_2139970277590830519_n

10383963_607075402737551_6234924340296482462_n

10408982_607075279404230_7549588998475357324_n

10389334_607075482737543_9000210878551668332_n

10352331_607079086070516_4754520385689319231_n

10411985_607075226070902_159254521848404877_n

10733993_607068672738224_4469588406750169982_n

10393763_611700068941751_1367537853573048990_n

10403697_607069102738181_1850085231092129208_n

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 安達充 公式サイト , 2014 All Rights Reserved.