音楽的なコミュニケーションを身につけて、自分らしく表現しよう!

【9/23(祝)】ソングレター15周年記念ライブ(in東京)チケット好評販売中!

双葉中学校にてkeikoさんと『世界で一番素敵な言葉』で共演

2018/12/12
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

 7月18日(火)に、先月このメルマガでご紹介したシンガーのKeikoさんと
 葛飾区立双葉中学校というところで演奏をしてきました。

▼Vo.Keikoのブログ【難病(MS)シンガー】
 https://ameblo.jp/keiko-keikoblog/

※『勇気のバトン』『世界で一番素敵な言葉』をカバーしてくれている女性です。

 彼女が抱えているMS(多発性硬化症)という病気の啓発活動に、
 日本の中学校で初めてボランティアで参加したのがこの双葉中学校の子どもたち。

 そのことに感動した彼女が、「是非、歌でお礼を伝えたい」ということで実現し、
 そこに共感した僕もボランティアで出演させてもらいました。

 『翼をください』『世界で一番素敵な言葉』の2曲を披露しましたが、終わった後、

 「こんなにきれいなピアノ、はじめて聴きました!」

 「(『世界で一番素敵な言葉』の)歌詞がすばらしかったです!」

 と何人かの生徒さんに直接声をかけてもらい、とてもうれしい気持ちになりました。

 小中学校での出張演奏活動は、スケジュールが合う限り受けさせていただいて
 おりますので、今後もリクエストがあればお知らせいただけたらと思います。

追伸:ご好意で、20年ぶりくらい中学校の給食も食べさせていただき、感動でした♪

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 表現のススメ by 安達充 , 2017 All Rights Reserved.