たった一人のために曲を贈るソングレターアーティスト安達充の公式サイト

心を動かす「伝える、発信」7日間メール講座、無料配信中!

東京都葛飾区の小学校で『世界で一番素敵な言葉』

2018/12/11
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

 今月、東京都葛飾区の西亀有小学校にて、『世界で一番
 素敵な言葉』の講演&ミニライブの機会がありました。

 今年知り合った方がこちらのPTA会長をやってらっしゃる
 ご縁で、小学校3年生の子どもたちと父兄の方々の前で、
 45分間の特別授業をさせてもらいました。

 

 最初に「世界で一番素敵な言葉って何だと思いますか?」
 と尋ねたら、

 「一期一会!」
 「プラス思考!」

 なんて言葉が出て、「小学3年生の子どもたち、、スゴイ!!」
 と圧倒されましたが、終始反応が良くて楽しい授業になりました。

 

 世界で一番素敵な言葉は、名前。

 名前を好きになると、自己肯定感が高くなる。

 名前を好きになることを通して、自分に自信を持ってほしい。

 そんなことを、スライドと歌を通して伝えてきました。

 

 そしてラストは、『世界で一番素敵な言葉』の弾き語り。

 子どもたちもそうですが、親御さんたちが涙を流しながら
 聴いてくださっていたのがうれしかったです。

 

 この曲をカバーしてくれているケイコさんとのコラボで
 双葉中学校、上千葉小学校、青葉中学校と回りましたが、
 今回の西亀有小学校が、すべて「葛飾区の学校」というのが
 面白いところ。

(前の3つと今回の西亀有小は全然違うつながりです)

 

 使命とは「呼ばれること」。

 英語にすると「calling(コーリング)」。

 何かこの地に呼ばれているんだろうなぁと思います。

 

 そして昨年から今年にかけて、学校教育の場で歌と講演を
 させていただく機会が増えてきました。

 これもお役目かと思いますので、ご縁のある学校さんと
 出会えるように、ブログ限定で、僕が実際に中学校で
 講演をした際の映像をお届けしたいと思います。

 

 学校の先生の方、それからPTA関係の方。

 もしこちらをご覧いただき、このような授業がお役に
 立てるようであればご相談いただければと思います。

 大学時代、教育学科だった人間として、教育の現場で
 何か貢献できることがあればうれしく思います。

 

追伸:この名前についての講演は、『名前のことだま®』の
   開発者、山下弘司先生から教わった内容です。

   『名前のことだま®』のHPがちょうどリニューアルを
   しましたので、興味を持たれた方は是非ご覧ください。

   ▼名前のことだま®の公式HP
   http://kototama-himehiko.com/namae/

   ▼ことだま師® 安達充のページ
   http://kototama-himehiko.com/namae/adachi-mitsuru

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 安達充 公式サイト , 2018 All Rights Reserved.