たった一人のために曲を贈るソングレターアーティスト安達充の公式サイト

心を動かす「伝える、発信」7日間メール講座、無料配信中!

『叫び』(さわとん×安達充)

2018/08/02
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

 12月3日(土)に開催されたアーティストフォーラム2016。

 1stステージのトリを飾ったのは、自分の素を輝かせる
 命のアーティスト、さわとん。

 人生のテーマソングのタイトルを『叫び』と決め、そのイメージを
 膨らませるためだけにバリ島にまで行って、作品を完成させています。

 
 「皆さんは、叫びたいことって、ありますか?」

 彼は、ライブのMCでそんな問いかけから語り出しました。

 「もし、自分の中にもう一人の自分がいるとしたら、どんなことを
 叫びたいと思っていると思いますか?」

 
 彼の人生テーマは「自分」。

 そんな彼が辿り着いたのは、「叫びとは、自分自身」ということでした。

 それと同時に、自分自身が“叫び”を封印してきたことにも気付いたそうです。

 
 今でこそ、講演、カウンセリング、協会運営、歌など、元気に色々な活動を
 している彼ですが、27歳から33歳まで5年半にかけて“うつ病”を経験。

 「ちょっと休みたいね」「やめてもいいんじゃない」「ゆっくり行こうよ」

 そんな自分の小さな“叫び”に気づかず、フタをして、見ないようにしていた
 時期があったとのこと。

 
 その結果、残ったものは、心の奥にあるもっと大きな“叫び”。

 「自分なんていない方がいい!」「人生やめたい!」「死にたい!」

 彼は2005年8月、マンションの最上階から飛び降ります。

 
 たまたま骨折だけで済んだものの、次は体が“叫び”をあげました。

 潰瘍性大腸炎。

 1年後、2007年2月に、5時間の手術を経て、大腸全摘出。
 彼の体には今も、大腸がありません。

 
 そこまでいって、はじめて自分の本当の“叫び”に目がいくようになった。

 「このままでいいよ」「大丈夫だよ」

 いろんな声が聴こえてきた。

 
 そうして少しずつ、“うつ”も自分へのメッセージだと思えるようになり、
 1年後にはカウンセラーとして起業。

 9年たって、今ではカウンセラーの枠におさまらない活動をしていて、
 これから、10代20代の人たちに「道はひとつじゃない」という
 メッセージを伝えるプロジェクトも始めようとしています。

 きっと、これから先も、彼と出会う人は、自分の心の中の“叫び”に
 気づいたり、触れたり、感じたりしていくのだと思っています。

 
 「叫びとは、自分自身」。

 そんな想いを、ある架空のサラリーマンの心の内面を通して描いて
 いるのがこの『叫び』という曲。

 歌の中で出てくる「2人の自分の“叫び”」を聴くことで、あなた自身の
 心の中の“叫び”に想いを馳せてもらえたらと思います。

 
 こちらで楽曲を視聴いただけます。

==============================

              ~ 叫び ~

               作詞/さわとん 作曲/安達充

 さぁ今日から新しい会社 やったるぜ~!

(3ヶ月後~!)
●仕事の流れもだいたい覚えて 無理なく1日終わったぜ
 上司の言うことコロコロ変わるが ニコニコしてれば大丈夫

(でもでも!)
◯あれっ?いや待てよ、入社する前に 目指していたのはこれなのか
 「成長したい」と思っていたけど ご機嫌とるのが成長か?

(いやいや!)
●理想と違うけど金もそれなりさ 我慢ができないわけじゃない
 すべてはプラスさすべてはチャンスさ ビールさえあればスッキリさ

(おいおい!)
◯その作り笑顔いつまでやるんだ ずっとその顔で生きるのか
 みんなに合わせて自分を抑えて それが本当のお前なのか

(叫)違和感―

(半年後~!)
●今日も退屈だ1日がんばろう 余計なことは考えるな
 このままいれば今日も終わるのさ あと2日経てば土曜日さ

(おいおい!)
◯からだは正直さ モヤモヤイライラ 土曜の二日後月曜日
 いつまでしがみつく スパッと辞めて やりたいことをやればいいさ

(でもでも!)
●わかるけどでもさ辞めたら次は また一から出直しだぜ
 やりたいことで生きてみたいけど どこにも保証はないんだぜ

(いやいや!)
◯お前の場所はここじゃないだろ お前が一番知ってるだろ
 一度の人生貴重な1日 後から後悔見えるだろ

(叫)―葛藤―

 おーおお~ おーおお~ おーおお~ おーおお~
 あぁーーあぁーーあぁーーあぁーーー

(よし!やめた!!!)

 すっきり これでいい 自分の道 踏み出した

 あれ? ん? ひとりぼっち? 誰もいない?
 寒い 教えてくれない どこいけばいい わからない

(叫)―孤立

 知ってるよ こわいよな でも近づいている ほんとのお前
 思い出してごらん 赤ちゃんのとき 泣いてた 叫んでた

 大丈夫 そのままで さぁ立ち上がろう ゆっくりと
 さぁそうだ 顔を上げて 大丈夫 大丈夫

 おーおお~ おーおお~ おーおお~ おーおお~
 おーおお~ おーおお~ おーおお~ おーおお~
 おーおお~ おーおお~ おーおお~ おーおお~
 おーおお~ おーおお~ おーおお~ おーおお~

(叫)統合

 おーおお~ おーおお~ おーおお~ おーおお~
 おーおお~ おーおお~ おーおお~ おーおお~
 おーおお~ おーおお~ おーおお~ おーおお~
 おーおお~ おーおお~ おーおお~ おーおお~

(3ヶ月後)
●これが自分さ これで大丈夫 怖いものなんてもうないさ
 あれ? また違和感? あれれ?

(ふふふふ)
◯よぉひさしぶり 違和感来たな もう来ないと思ってたのか
 そんなん甘いぜ それが成長さ ずっと一生繰り返すのさ

 げっ、それが成長? でも一生これを繰り返す??
 うううぅ~ ギャーーーー!!!

==============================

 
 そんなさわとんの日々が綴られているのがこちらのブログです。

▼さわとんの「自分を人生最強のパートナーにしよう!」
 http://ameblo.jp/sawaton/

 
※さわとんの9曲入りのファースト(ベスト)アルバム
 『大切な君へひとつだけ伝えたいこと』の収録曲もあわせてお聴きください。

 http://www.arigaton.com/music/

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 安達充 公式サイト , 2017 All Rights Reserved.