たった一人のために曲を贈るソングレターアーティスト安達充の公式サイト

心を動かす「伝える、発信」7日間メール講座、無料配信中!

『たんぽぽ』(中島直子×安達充)

2019/01/04
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

今回は、アーティストフォーラム2018の1stステージ2人目に登壇した“自分らしさ発掘者”中島直子さんのテーマソング『たんぽぽ』をご紹介したいと思います。

プロフィール

◆中島 直子 (Naoko Nakajima)
自分らしさ発掘者

決められた枠から出ないように生きてきたけど本当は何がしたいんだっけ?憧れと現実が一致した人生を生きるべくアーティストフォーラムに参加すること決意。世界中がいつでもどこでも本当の自分らしさを表現できるように、まずは私がここから。

 

誰にどう思われるかをずっと考えながら生きてきた

「わたしは、歌うことが好きだけど、上手くありません。

歌が上手い人にあこがれるけど、人前ではどう思われるか考えてしまいます。

だから、カラオケは気心知れた人としか行きたくないと思っていました」

音楽歴のない中アーティストフォーラムにチャレンジした彼女は、こんな言葉と共に想いを語り始めました。

 

小学生の頃から、誰にどう思われるかをずっと考えながら生きてきた。

どうしたら、喜んでもらえるか。
どうしたら、嫌がられないか。
どうしたら、怒られないか。

始まる前からいろんな場面を想像して、頭の中でたくさんの会話をしていたとのこと。

 

だから彼女は、はじめて会う人がたくさんいる場所が苦手だったと言います。

会話が想定できないと不安で、疲れてしまう。

大勢の前で歌を歌うなんて、その時の自分からは考えられなかったそうです。

 

すべてを肯定するために、わたしは自分の好きなことを思いっきりやる

ところが、そんな彼女の思考を変えるきっかけとなったのが、当時の上司でもあった旦那様でした。

今まで見ていたものとは違う視点を持てるようになり、3年前には、あるリーダーシップの講座にも参加。

「自分の生きている世界は自分の思考が作っている。

今までわたしは、この現実を生きてはいなかった。

想像している世界でたくさん怖れてたくさん不安になっていただけだった。

わたしの奥底にある心からの想いで、この人生を生きていきたい!」

 

それから、何をなすためにこの人生を選んで生まれてきたのかと問い続けた結果、見えてきた答えは

【今生きていることすべてを肯定するために、わたしは自分の好きなことを思いっきりやる】

ということだったそうです。

 

自分らしさ発掘者

思いっきりやったことは、決して自分だけでは終わらない。

このアーティストフォーラムで自分が自分らしく表現すれば、それは必ず、みんなにつながっていくはず。

彼女はその想いを今回の肩書き“自分らしさ発掘者”に込めたのでした。

 

全ての人はこの人生に使命を持って生まれている。

世界中が自分らしさを全開で表現できるようにまずは私がここで、思いっきり歌おう!

そんな想いを、たんぽぽの花にたとえて歌った彼女のパフォーマンスを是非ご覧いただけたらと思います。

 

『たんぽぽ』(作詞/中島直子、作曲/安達充)

~ たんぽぽ ~

作詞/中島直子
作曲/安達充

このせかいに 守られて 育つ中で 繰り返す日々
ボクはいつも 空を見上げ 太陽が見てる その景色を
ずっと想像してた

特別などない ただ平和な日々
だけど今と 違う何か きっとある気がして

Ah 今 風に乗って 空へと飛んでゆけたら
Ah 今 まだ届かぬ 光に ただ憧れて

時が流れ 綿毛になり 風が運ぶ 新たなはじまり
山も海も 越えて遠く まだ見たことない場所に向かって
ひとり旅立ってゆく

近づきたいのに 届くはずないと
思ってた 大空へ 心ふくらませ

Ah 今 風に吹かれ 遠くへ飛んでゆくから
Ah 今 ボクはゆくよ 光に ただ憧れて

辿り着いた 暗い大地 「これがボクの 選んだ場所?」
風を責めて 太陽を恨み それでも消えない 憧れの光

Ah 今 気づいたんだ すべては自分が決めると
Ah 今 この場所から 新たな いのちが芽吹く

Ah 今 ボクの中に 確かな光があるから
Ah ここから照らすよ キミの中の光も

Ah 憧れの先に いつでも答えが待ってる

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 安達充 公式サイト , 2018 All Rights Reserved.